水郷水都全国会議は、全国の水環境を守る市民のネットワークです。

直線上に配置
バナー

「水郷水都全国会議」は、全国の水環境を守る市民のネットワークです。

水郷水都全国会議は、1984年に琵琶湖畔で開催され た世界湖沼会議に参加した 市民の交流をきっかけに始まりました。第1回大会は、宍道湖・中海の干拓問題を焦点に、松江市(島根県)で開催され、「親水 権」の確立を提起しました。以後、毎年全国各地において、 各地域での水環境問 題を焦点に取り上げながら、市民、市民団体、 研究者、企業、行政など、幅広い人びとが参加し、交流を重ねてきました。
     (2002年11月、第18回長野県大町大会案内文より)
  
        

第32回水郷水都全国会議・越前おおの大会
   2016年11月18日(金)〜19日(土)

   大会テーマ:”水”が生きるまちをめざして
〜越前おおのからの発信〜

   
(天空の城 越前大野城)
開催地:福井県大野市

会場:多田記念大野有終会館 結とぴあ
 
福井県大野市天神町1−9 
大野市総合観光パンフレットより (http://www.ono-kankou.jp/pamph/)

大野市へのアクセス   (名水のまち、越前おおの観光ガイドhttp://www.ono-kankou.jp/access/

申込期限

参加申込み:10月20日(木) オンライン参加申込みができます
分科会発表:10月5日(水)
ポスター、写真展示:10月11日(火)
物品・書籍販売:10月11日(火)
      
連絡先
 振り込み先
 
ゆうちよ銀行名義: 第32回水郷水都全国会議・越前おおの大会 (ダイサンジュウニカイスイゴウスイトゼンコクカイギ)
        郵便振替:記号00730−0−42024

        他銀行からお振込の場合: 店名〇七九(ゼロナナキュウ) 当座預金 口座番号0042024
詳しくは越前おおの大会のページをご覧ください。

プログラムの日程と内容(html)

開催要領(pdf) (パンフレット)

オンライン参加申込みのページ(html)
参加申込用紙(pdf)
参加申込用紙(wordファイル)

・発表募集要綱

オプショナルツアーの案内(html)

宿泊の案内(html)

第32回水郷水都全国会議・越前おおの大会

(越前おおの大会開催主旨)

 昭和50年代の「冬の水枯れ」から始まった大野市民の「地下水を守る運動」は、行政の「地下水保全」に向けての施策につながり、昭和52年「地下水保全条例」の策定、地下水観測井の設置と継続的データの蓄積、分析結果の活用という全国にも例がない誇るべき市政運営を実現してきました。
 継続的な取り組みの結果、大野市は「市街地において、ホームポンプで自宅でくみ上げた地下水をそのまま飲める」という環境を保持しています。
 昨年、大野市は「Carrying Water Project」事業を立ち上げ、「水の恩恵を世界にお返ししよう」と、新たな歩みをはじめました。市内外の多くの企業・団体・個人が、この事業に賛同し、活動の輪を広げています。また、大野市議会は12月定例会で、「大野市健全な水循環まち宣言」を全会一致で採択し、国などの関係機関、団体、市民や企業がそれぞれの役割を担いつつ、様々な取り組みを進めていくことを宣言しました。
  
この水環境を保全・再生し、さらに豊かな”水”を次世代に繋ぐために、市民として、私たちは今何をすればいいのでしょうか。
 
 ヨシが茂り、ホタルが舞い、梅花藻(バイカモ)が川面を揺らし、川ガニがいて、たくさんの魚・イトヨ・水生昆虫が生きる川。大人が昔、友達と遊んだ川。「生きている川」を取り戻すことは、”水”を取り戻すことにつながります。
  
「子どもたちが歓声を上げて遊ぶことが出来る川をプレゼントする。そのために山積する課題を、みんなが知恵を出し合い、ひとつずつクリアしていく。県内外の取り組みを学び、また越前おおのから発信していく。そして、次世代に、安心して暮らせる環境を贈りたい。」
 
 本当の”水”を合言葉に、「人と環境とのかかわり方」について見つめなおしたいと考えています。全国各地からのご参加をお待ちします。

(名称) 第32回水郷水都全国会議越前おおの大会

(開催日)
2016年11月18日(金)13:00〜
11月19日(土)16:30まで

(会 場)
多田祈念大野有終会館 結とぴあ
        大野市天神町1-9 Tel 0779-65-8766

(参加費) 登録料(資料代含む)
 一般                     2,000円
 大学生以下                 無料(要登録)

 現地見学会(18日13:00より)       500円

 交流会(18日18:00より)         2,000円

 昼食代 (19日 昼食の弁当)      1,000円
       (19日 そば祭りのそば券)  1,000円

 オプショナルツアー (20日:集合 結とぴあ裏駐車場、解散 JR福井駅)
      A(8:30-14:00 恐竜博物館、永平寺など、昼食付き)  5,000円
      B(8:30-12:00 大野市内湧水、真名川頭首口など)   2,000円

(主 催)
 第32回全国水郷水都全国会議・越前大野大会実行委員会

(後 援)
 大野市
 大野商工会議所 (公社)大野青年会議所
 JAテラル越前農業協同組合 九頭竜森林組合
 大野市漁業協同組合 (一社)大野市観光協会
 大野観光自動車株式会社 株式会社松浦印刷所
 大野市管工事業協同組合


※県外から参加される方は、弁当またはそば券をご注文されたほうが時間的に便利です。
(11月19日(土)は結とぴあとなりの市役所前でそば祭りが開催され、そばを食べることが出来ます。)

※18日の現地見学会・交流会には、嘉田由紀子氏も参加される予定です。

※ご予約された方で、当日欠席の場合、参加費および弁当代の返金は出来かねますので、ご理解下さい。
(プログラム・日程と内容
11月18日(金)

12:00〜         見学会受付             (結とぴあ 1Fロビー)

13:00〜15:00      現地見学会       (結とぴあ玄関正面に12:30集合)
              「城下町大野の水行政の歴史」を見る
                                 大野市観光ボランティアの案内

15:00〜         会場受付                 (3Fロビー)

15:30〜16:00      第32回水郷水都全国会議・越前おおの大会開会式 (307,308,309号室)
                 主催者挨拶
                        水郷水都全国会議共同代表 保母武彦
                        開催地実行委員長       高岡和行
16:00〜17:30        事例発表
                        1.「大野の地下水保全〜市民が動き、行政が動いた」
                                    大野の水環境ネットワーク  米村輝子
                        2.「水資源を将来にどう活かすか」
                                    平澤・今井簡易水道組合 組合長 松浦次雄
                        3.「福井における雨水活用(蓄雨)の取り組み」
                                    福井工業大学 環境情報学部 あめゆきcafe 河西利浩・近藤昌

18:00〜20:00      交流会(越前おおの産食材料理、地酒) (305,306号室)

20:30〜       水郷水都全国会議・全国実行委員会 (会場:ホテル「勝山ニューホテル」会議室)

11月19日(土)

 9:00〜         会場受付                   (3階ロビー)

 9:20〜9:30       開会のあいさつ             (305,306号室)

 9:30〜11:30      基調講演と対談 
                「日本の水環境保全に果たした水郷水都全国会議と大野市の役割」
                          びわこ成蹊スポーツ大学学長(前 滋賀県知事) 嘉田由紀子


11:30 〜13:00      昼 食    (305,306号室 または そば祭り会場)
              ポスターセッション  (3Fロビー、301.302号室)

13:00 〜15:00     分科会 
                第1分科会「水の循環・水資源の開発」    (307,308,309号室)
                第2分科会「災害に負けない協働のまちづくり」   (302号室)

15:15〜16:30     全体会               (305,306号室)
                分科会報告
                総会・大会宣言の採択、閉会

16:30         終了(予定)

11月20日(日)
             オプショナル・ツアー
               :2コース     (詳細はオプショナルツアーのページをご覧ください)

Aコース (添乗員同行、最少催行15名) 料金5,000円 (食事、入湯料を含む)
      8:30   結とぴあ裏駐車場 出発
             福井県恐竜博物館 〜 永平寺 〜 (昼食:精進料理) 〜 養浩館庭園 〜 JR福井駅
     14:00   JR福井駅 着

Bコース (現地委員同行、定員15名) 料金2,000円 保険料含む
     8:30   結とぴあ裏駐車場 出発
             篠座(しのくら)神社 〜 木本ケ原 〜 真名川頭首口 〜 真名川・九頭竜川合流地点
          〜 中野清水(なかのしょうず) 〜 酒蔵見学 〜 味噌蔵見学 〜 御清水(おしょうず)
          〜 丁(ようろう)ホタル生息地 〜 JR福井駅
     12:00   JR福井駅 着
  11月18日〜19日 
            ポスター・写真展示 (会場:3Fロビー,301,303号室)
            映画「シロウオ」放映、随時  (会場:303号室)


「社会的共通資本としての川」

(2010.11.29)
共同代表の大熊孝さんが宇沢弘文さんと編著で、「社会的共通資本としての川」を出版されましたのでご紹介します。
大熊さんの「あとがき」はこちらで読むことができます。

Social Common Capital
宇沢 弘文 ・大熊 孝 編 「社会的共通資本としての川 」(東京大学出版会、4800円+税=5040円)

内容紹介
川は誰のものか.先人による巧みな治水と利水の知恵から,現代における「脱ダム」思想の意義を論じ,コモンズによる川 の共有を説く.川とそれを取り巻く住民に正面から向き合ってきた執筆陣による,人と川との新しい付き合い方の創造。
主要目次

序 章 社会的共通資本としての川を考える(宇沢弘文)

第I部 持続可能な治水と利水の実践
第1章 20世紀の河川思想を振り返る(蔵治光一郎)
第2章 水利文明伝播のドラマ――スリランカから日本へ(茂木愛一郎)
第3章 都江堰と2300年の水利――四川省大地震からの復興(石川幹子)
第4章 技術にも自治がある――治水技術の伝統と近代(大熊 孝)

第II部 リベラリズムとしての脱ダム思想
第5章 コモンズにはじまる信州ルネッサンス革命――「脱ダム」宣言のアスピレーション(宇沢弘文)
第6章 脱ダムから緑のダムへ――エコロジカル・ニューディール政策としての森林整備(関 良基)
第7章 吉野川第十堰と緑のダム――「流域主義」の視点から(中根周歩)
第8章 宝としての球磨川・川辺川にダムはいらない(高橋ユリカ)
第9章 なぜダム建設は止まらないのか(岡田幹治)
第10章 八ッ場ダム中止への道のり(嶋津暉之)

第III部 コモンズによる川の共有
第11章 自然としての川の社会性と歴史性(高橋 裕)
第12章 川・魚・文化――天塩川水系・サンル川から考える(小野有五)
第13章 淀川における河川行政の転換と独善(宮本博司)
第14章 地方分権――川を住民が取り戻す時代(神野直彦)

あとがき (大熊 孝)
担当編集者から
 編者がこの十数年間取り組んできた,「社会的共通資本」の考えを提唱する新しいシリーズの第2作です.本書では川の問題を取り上げます.
 八ッ場ダムの問題が世間を騒がせていますが,そもそも計画発表から50年以上も問題となり続けているという事実に 驚かれた方も多いのではないでしょうか.日本の河川行政は,一体どのようなことになっているのでしょうか.また,ダムの 役割は治水・利水・発電といわれますが,ではどれほどその効果が証明されているのでしょうか.川は本来,どのような姿で あるべきなのか.本書の提言が,広く世に共有されることを期待します.

水郷水都全国会議20年記念資料集

「ふるさとづくり提言の時代」

水郷水都全国会議の20年(1985年〜2004年)の歩みと、今後に向けての問題提起をまとめた資料集です。(2005年5月25日発行)

希望される方は


までメールでお申し込みください。無料で進呈いたします。

(目次)
 第1章 20年記念シンポジウム
  ・記念講演
  ・パネルディスカッション

 第2章 各地からの報告
      (アンケート結果と提言)

 第3章 資料
  ・年表
  ・第6回世界湖沼会議ワークショップ
  ・全国実行委員会について
  ・参考書籍、ウェブページ

(体裁)
      A5版、120ページ
(出版)
      水郷水都全国会議

水郷水都全国会議は会員制です。
会員になりたい方はぜひご参加ください。

水郷水都全国会議は、2008年より会員制となりました。会費を納入すれば誰でも会員になれます。
年会費:2000円
申込み、お問い合わせは下記の水郷水都全国会議事務局にご連絡ください。

島根県松江市袖師町99 内藤ビル203
  財)宍道湖・中海汽水湖研究所内 水郷水都全国会議事務局
    電話/FAX:0852-21-8683

水郷水都全国会議メーリングリストのご案内

水郷水都全国会議は、全国の関心を持つ人たちの情報交換のためにメーリングリストを 利用しています。どなたでも参加できます。参加ご希望の方は、
水郷水都全国会議ウェブ管理者

宛てにお名前と利用するメールアドレスをメールでお知らせください。

表紙
(このページ)
2016.11.03
更新
全国会議
の活動

2016.09.19
更新
第32回
越前おおの大会
準備

2016.11.03
更新
リンク

2011.06.21
更新

(このホームページに関するお問い合わせはウェブ管理者

にお寄せください。

水郷水都全国会議事務局は (財 )宍道湖・中海汽水湖研究所にあります。
  島根県松江市袖師町99 内藤ビル203
  財)宍道湖・中海汽水湖研究所内 水郷水都全国会議事務局
    電話/FAX:0852-21-8683 

直線上に配置